スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

softbankからAUへのはじめてのMNP

前回の続き

softbankの機種変更は断念し、別の方策を考えることにしました。

auかdocomoにsoftbankからのナンバーポータビリティを検討します。

これをすることによって端末代金の○万が大幅値引きで0円とか数千円になる。
これは一括0円でほんとに端末が0円になります。
端末代金全額を絶対に返済しないといけない実質0円とはまったく違います。

さらに商品券までくれるとのことなのでこれで決定。追い銭までくれるのか。。

商品券プレゼントの条件も単価数百円のオプション契約を数個、最初の月だけ加入し
あとは加入者の自由とわりと普通なauに決定。

大手家電量販店だとMNPでスマートフォンだけでなくてもガラケーで商品券もらえる
キャンペーンやってることがあります。

MNPは新規契約とほぼ一緒ですが、違うのは

・予約番号というのを転出元から取得すること
・転出代金2100円が転出元からの契約最終月の請求書で請求されること
・電話番号は同じだがキャリアメールが変更されること

予約番号の取得方法ですが、WEBで事前に取得するのと店頭で契約者自身が電話する方法があります。

WEBはさっくり番号が発行されます。(docomo→auの場合)
電話は転出元のオペレータから引き止め説得といろいろアンケート聞かれます。(softbank→auの場合)

手続き完了後、だいたい2時間ちょいで旧端末が圏外、新端末が利用可能になりました。
商品券は数ヶ月後に届くとのこと。

はれてAUの既存契約者となったので今度はAUから冷遇をうけるかもしれませんが
AUの既存契約者施策がどんなものかみていこうと思います。

今回のMNPでの教訓

・携帯キャリアの考え方

MNP>>>>>>>新規>>>>>>>>>>>>>>>>>>>機種変の優先度で販売活動をしている。

ガラケーつかっている人にスマートフォンを契約して毎月7000円は使ってほしい。

スマートフォンはなるべく単価を高いのを買ってもらい端末ローン代をさらに
毎月の請求に上乗せしてくれるとさらにベスト。客の機種変、解約行動を強烈に抑止できるし
解約行動をとられても違約金とローン代全額の回収にかかれる。

・実質0円と一括0円を理解する。

実質0円は契約者とキャリア間の一括払いor分割払いローン契約です。
端末自体の純粋な値段は1円も割引されません。

一括0円で端末を買うのがベスト。買うにしてもなるべく端末のローン契約は組まないか、
組んでも端末の単価が安価、実質0円のものを選ぶ。

端末割引が無効や損にならないように発生条件と減額、消滅条件どこの項目に割引が聞くのか確認する。
特に一括で買って割引を生かしたい人は注意です。

softbankの例ですが、仮に端末をローンで支払わずに一括で買い、端末の割引が1000円発生している、
契約はホワイトプラン980円と写真立て690円、ユニバーサル料金5円で月合計1675円とします。

1670円が675円になるか。なりません。1675円のままです。
基本料、写真立て、ユニバーサル料は-1000円が効く項目ではないからです。

・キャリア独自のサービスのヘビーユーザーだとMNPしにくい。

キャリアメールや、キャリア独自のソフト、ゲームやアプリ等重要データを端末の内蔵ローカルディスクに
保存する、ないしキャリア管理のサーバーに保存するようなサービスを利用しているようなヘビーユーザーだとNMPしにくいです。

・ガラケーみなおしの流れ

店員さんいわく

私「今通常端末とスマートフォンどちらがどれくらいの割合で売れてますか?」

店員「全盛期、半年前以上前くらいは通常:スマートフォンの割合が1:9でしたが
最近だと3:7くらいになってきています。」

店員「スマートフォンにした顧客が通常端末に戻すというのが発生してきています。出戻りの理由は1500円だった料金が7000円になったとか、結局使いこなせないといった感じです。」

だそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。