スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

原道 N50のレビュー

中華タブレットこと原道N50買いましたのでレビュー

原道(バイドゥ)N50とは安価な中華5インチアンドロイドタブレット。
2011/12月時点では1万ちょいで買うことができます。

1、付属物

原道N50

サービスで5インチ用の入れ物を付けてくれました。

2、起動画面1

原道N50

原道N50


3、起動画面2

原道N50写真1

5インチなので売れ線の4.3アンドロイドスマートフォン(desire HDとかEVO3Dとか)より一回りデカイ。

4、起動画面3

原道N50写真2

5、立ち上がり後初回の画面

原道N50写真4

北京です。変更できませんでしたので時間ガジェットごと削除。(20121227 設定→日付と時刻→タイムゾーンの選択→日本で変更できました )
空気はいりまくりの保護シートをつけてくれています。

もし張り替えるなら5インチスマホDELL Streak SoftBank 001DL用保護シートが合うかもしれないけど、試してないので危ないです。縦横の比率等で無理の可能性も。

フリーサイズのこちらのほうが無難、近日購入予定。




とりあえず初期不良でなくてラッキーでした。

6、壁紙変えた後(ホーム画面長押し→壁紙(com.android.launcher)にあります。)

原道N50写真3

・画面はまあまあ。
・デフォルトではsimeji IMEが入っていました。アンドロイドマーケットからgoogle imeを入れました。
・糞画質のカメラ有り。(カメラの向きが内側オンリーなので自分撮り用か)
・静電式だけあって、タッチパネルはまあまあサクサクです。
・私のはN50GTでした。

7、外観裏

原道N50初回起動1

白です。原道がカッコイイです。

★良いところ

01、安い。(2011年12月で12500円)
02、5インチなので外に持ち歩ける。
03、ユーチューブ、ニコニコ動画は見れた。ソフトはニコニコplayer(仮)なんかどうでしょうか。
04、アンドロイドマーケットが使えた。
05、中華パッドにしては出来が良い。
06、WIFIも問題無し(自宅wifiとe-mobile(WPA/WPA2)で調子がよければ7Mは出る)
07、アンドロイド2.3
08、32GのマイクロSDはOKだった。
09、裏の白ボディがカッコイイ。
10、スリープもきくしバッテリーはまあまあ持つ印象。WIFI繋いで動画閲覧なら3時間はいける感じ。
11、2chmate、en2h動作OK
12、内蔵フラッシュメモリが8Gもある。

★悪いというか気になった所

01、設定で傾きを有効にしてもホーム画面は横固定、ただし、アプリは縦横変化します。
私は横画面固定にしています。(設定→表示設定→縦横表示の自動回転のチェックをオフ)
我慢ならない人はアンドロイドマーケットでホームアプリを入れましょう。

「Hi Launcher」「Balancer Launcher」「Go Launcher」なんかどうでしょうか。写真は「Hi Launcher」

他機種にgo launcherいれた様子

Hi Launcher

【元に戻す時】

設定→アプリケーションの管理→デフォルトでの起動項目にある「設定を消去」ボタンを押す→

ランチャーの選択時、com.android.launcher選択

02、アンドロイドマーケットで落とせない(表示されない)アプリがある。(exマクドナルドのクーポン。松屋で我慢しよう)
03、管理者権限をとらないとデフォルトの中華アプリが消せない。
04、初期状態で、中華っぽい動画ファイルが内蔵ストレージにあった。
05、電源を落とした状態で充電を行うとなぜか起動する。
06、GPSは無し。
07、表ボディはプラスチック風で安い。
08、動画ファイルが大量だと読み込んた再生プレイヤーが固まる。
09、カメラは糞。
10、初期状態のままだとPCとのUSB接続ができない。(めんどくさいからdropboxとsdcardを使うことにしました。)
11、バッテリーの残量がいい加減。上がったり下がったりする。
12、起動音のチャチャッチャチャーンがうるさい。音量調整の影響をうけない?全力で鳴らしてくれます。無音方法

最初の印象だとこんな所が気になりました。

上記弱点はありますが、アンドロイドスマートフォンに金は払いたくない、
自分でいろいろいじってみたいという方にはオススメできるおもちゃです。
個人的感想ですがdocomo系の評価普通アンドロイドスマートフォンを100としたら70はいける。

初アンドロイドでいろいろ試してみたいという方も満足できるかと。
私の初アンドロイドは2011年5月くらいに買った7インチゴミ中華タブでしたが、それと比べると雲泥の差。

私は壊れるまで末永く使いたいと思います。

2012/01/08追記

検索エンジン経由で来た方用に写真を何枚か追加します。

8、4.3インチdesirehdとの比較

一回り大きいです。

原道N50比較

9、横から見たところ1

左から電源ボタン、音量調節ボタン

原道N50の端子4

10、横から見たところ2(入出力端子)

マイクロSD、USBが2つ、ただしデフォルトのままではPCから認識できませんでした。ドライバを入手しないといけないようです。注意。一番右がヘッドホン端子、左がDC

原道N50の端子

11、横から見たところ3(入出力端子)
(USBポートはPCとの接続が真ん中、右はキーボードとかのUSB)

拡大

原道N50の端子

12、入手方法

amazonか赤札天国(私はamazonで12500円購入)


■■関連記事

原道N50_andoroid4.03_root化

千尋影視紹介

原道N50のandroid4.0新ファーム

原道N50のベンチマーク

原道N50root化

原道N50起動音を無音にする

原道N50レビュー






スポンサーサイト
コメント:
げっと
はじめまして。
私も原道N50とIMPRESSION7を中古ながら購入しました。何も分からず右往左往状態です(;^_^A
by: haru * 2013/04/20 12:41 * URL [ 編集] | TOP↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。