スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

原道N50のベンチマーク

原道N50ってどれくらいスペックあんの?ってことでちょっと
ベンチマークソフト「Quadrant S」を使用した結果を記載します。

ちなみにこの原道N50、発売時期は2011年夏モデルになっています。
私は12500円で冬に購入してます。

★最近買ってしまったキャリアdocomoのpanasonic製造2011年冬モデル「lumix phone p-02d」から
詳細:http://panasonic.jp/mobile/docomo/p02d/

原道N50

TOTAL:1721
CPU:2009
MEM:2619
IO:1000
2D:575
3D:2403

IOはいまいちピンときませんが、入力を受けて最終的に画面出力するまでのCPUやらフラッシュメモリやらGPUやらのその他モロモロの連携ポイントのスコアなんですかね。

★次、キャリアAU、米国モトローラ製造の2011秋モデル「 MOTOROLA PHOTON ISW11M」

詳細:http://www.au.kddi.com/seihin/ichiran/smartphone/isw11m/

ベンチマーク

TOTAL:1972
CPU:1993
MEM:2678
IO:2841
2D:260
3D:2089

買ったばっかなので保護シートすらはがしていません。この端末結構すごいんじゃ。。
なんとかフラットだのなんとかサウンドコンテンツ×3やらショップで言われるままに契約しほっとくと毎月7000円近くになるので2ヶ月目以降プラン変更して780円まで持っていきます。

どうでもいいけどなんか上のGalasyNexusが欲しくなってきました。

★原道N50GT君

Quadrant S

TOTAL:1412
CPU:1207(青)
MEM:2300(赤)
IO:2075(緑)
2D:375(オレンジ)
3D:1132(黄色)

数値上では日米の一流企業と一流キャリアタッグのデュアルコアCPU積んでる製品より劣るけどもなかなかやるじゃないですか。買ったときから一部怪しい要素はあるもののサクサクな理由がわかった気がします。

softbankの「HTC Desire HD 001HT」

DesireHD

TOTAL:1374
CPU:2083(青)
MEM:1119(赤)
IO:2448(緑)
2D:314(オレンジ)
3D:906(黄色)


NTTドコモの「Optimus bright L-07C」

L-07C

TOTAL:1143
CPU:1381(青)
MEM:1945(赤)
IO:702(緑)
2D:529(オレンジ)
3D:1156(黄色)


ルミフォンとフォトンは近いうちに開封記事書きたいと思います。


ルミフォンの開封記事

まとめ

(シングルコアのDHDのCPUが一番高いってことはデュアルコアのベンチマーク計測がうまくいってない?)

bentimarch01.jpg



■■関連記事

原道N50_andoroid4.03_root化

千尋影視紹介
スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。